ホーム
医院紹介

医院について

医院の取り組み

理事長紹介

院内設備

医院活動

診療案内

インプラントについて

審美治療について

虫歯治療

歯周病治療

矯正治療

Q&A
料金表
資料請求

 インプラントについて(噛めるわけ)

これまで歯のないところの治療は、部分入れ歯や総入れ歯を入れるのが主流でした。でも、入れ歯を入れても噛めない、痛い、ズレる・・・といった不具合を訴える人が後を絶ちません。入れ歯は歯茎の上にのせているだけですから、力を入れて噛むことも、しっかりと固定することもできません。見た目にはなくなった歯を補う、その場しのぎの治療法、と言っても過言ではないのです。

しかし、本当にしっかり噛める治療法が普及してきています。それがインプラント治療です。インプラントとは、歯のないところに人工歯根を埋入し、その上に人工歯をかぶせる治療方法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、しっかりと固定され、自分の歯と同じように噛めるだけではなく、残っている健康な歯に負担をかけません。しかも本物の歯と見間違うほどの美しさを手に入れることができます。
インプラントでもう一度、噛める喜びも若々しい口元も取り戻しましょう。
※当医院のインプラントは10年保証です。

 インプラントなら噛めるわけ

入れ歯やブリッジは、歯ぐきから上の歯の部分(歯冠)だけを補った、治療法です。歯は根の部分(歯根)が顎の骨の中にうまっているから、強い力でかむことができるのです。つまり、入れ歯やブリッジは土台のない家のようなものです。
インプラントは、顎の骨の中に人工の根を埋め込みます。ですから、構造は天然の歯と同じなのです。

こんな疑問を持つ方もいるでしょう。
人間の身体には、異物が入るとそれを身体の外へ出そうとする働きがあります。そのため、インプラント治療が始まったばかりの頃は、せっかく埋めたインプラントが骨と結合せず、やがてはずれてしまう、という失敗がありました。しかし、
1952年にスウェーデンのブローネマルク教授が、チタンという金属が骨にしっかりと結合することを発見しました。教授はその後13年をかけて、基礎実験や動物実験を繰り返し、最も強く結合するチタンの条件を見つけ出しました。こうして、1965年に初めて人間にチタンのインプラントが埋め込まれたのです。このインプラントは40年経った現在もちゃんと機能しています。
このチタンと骨の結合を「オッセオインテグレーション(骨結合)」と言います。
また、チタンは軽量で、表面に酸化チタンの膜を伴っていて、この膜が内部のチタン本体の腐食を防止しています。ですから長期間骨の中に埋めたままでも問題はありません。

インプラントの長所と短所

  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触が良くわかる。
  • 周りの歯を傷つけない。
  • 見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がる。
  • インプラントがあごの骨に適度な力を加えるので、あごの骨がさらに痩せるのを防ぐ。
  • 発音が自然にできる。
  • 異物感がほとんどない。
  • ずれたり飛び出したりする心配がない。
  • 保険制度がなく、一度に払う費用が高額。
  • 治療期間が長期にわたる。
  • 手術を受ける必要がある。

噛むという行為は、ただ食べ物を噛み砕く働きだけではありません。あごを動かすことによって、血流が増え、脳が活性化されます。また、正しい咬み合わせが、美しい姿勢を保ち、身体のバランスを保ちます。つまり、脳も身体も若々しさを保てます。
また、あごの骨が痩せないので、口元にしわが寄りにくくなります。欠けた歯や入れ歯の金具が見えない、美しい口元も若さの秘訣でしょう。
そして何より、何でも食べられる健康と、姿勢の良い若々しい身体と、美しい口元である自信は、貴方のこれからの生活を充実した、質の高い、快適なものに変えてくれることでしょう。
1度手術を受けることで、このような価値を、何年にもわたって得続けることができるとしたら、治療費は高額でしょうか?

治療期間が長い、とも思われていますが、3~8ヶ月という治療期間は何年もかかる矯正治療などに比べれば、そう長くはありません。
また当院では、手術当日に仮歯を固定して一日で噛めるようにする「ワンデイインプラント」という治療法も行っています。これでしたら、手術当日の帰宅時には、美しい歯並びになり、その日の夕食から軽い食事ができます。

手術は局所麻酔をしてから行いますので、痛みを感じることはありません。しかし、痛みの心配な方や不安に感じる方には、当院では歯科麻酔医の立会いのもと、「静脈内鎮静法」で手術を行うことができます。

Copyright © Nakahira Dental Office.All rights reserved.