ホーム
医院紹介

医院について

医院の取り組み

理事長紹介

院内設備

医院活動

診療案内

インプラントについて

審美治療について

虫歯治療

歯周病治療

矯正治療

Q&A
料金表
資料請求

 インプラントについて(インプラントを長持ちさせるために)

これまで歯のないところの治療は、部分入れ歯や総入れ歯を入れるのが主流でした。でも、入れ歯を入れても噛めない、痛い、ズレる・・・といった不具合を訴える人が後を絶ちません。入れ歯は歯茎の上にのせているだけですから、力を入れて噛むことも、しっかりと固定することもできません。見た目にはなくなった歯を補う、その場しのぎの治療法、と言っても過言ではないのです。

しかし、本当にしっかり噛める治療法が普及してきています。それがインプラント治療です。インプラントとは、歯のないところに人工歯根を埋入し、その上に人工歯をかぶせる治療方法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、しっかりと固定され、自分の歯と同じように噛めるだけではなく、残っている健康な歯に負担をかけません。しかも本物の歯と見間違うほどの美しさを手に入れることができます。
インプラントでもう一度、噛める喜びも若々しい口元も取り戻しましょう。
※当医院のインプラントは10年保証です。

 インプラントを長持ちさせるために

インプラントの耐久性

現在のインプラントはチタンでできており、通常の使用ではまず壊れることはありません。顎の骨に埋め込んだインプラント自体は極めて長期的に安定した状態を保つことができます。海外では40年近く前に治療されたインプラントでさえ、今日に至るまで問題なく使用されているケースが数多く報告されています。
そしてチタンは軽量の金属で、通常は表面に酸化チタンの膜を伴っていて、この膜が、内部のチタン本体の腐食を防止しています。
ですからインプラント本体の耐久性は問題になることはほとんどありません。当院では安心の10年保証制度を設けております。

インプラントを長持ちさせるために

最初の手術と初期固定が重要ですから、もちろん経験のあるDr.選びが重要であります。
術後はインプラントが長期に機能するように、定期的な検診が必要です。検診ではかみ合わせやブラッシングの状態をチェックします。食後のブラッシングを習慣付けるなどして、自分自身でケアーすることによってインプラントの寿命が数段長くなるでしょう。 当院では手術後のアフターケアを徹底しています。

当医院では、このような治療も行っています

 ワンデイインプラント
歯が全くない(上顎(あご)のみ、下顎(あご)のみ、または上下顎(あご)両方)患者様に対して、インプラント埋入直後に上部構造体(仮歯)を入れる即時荷重も行っております。
この方法だと、その日の内に入れ歯から解放され、固定式の仮歯をつけて帰宅でき、噛むことも可能です。
 多血小板血漿(PRP)
顎(あご)の骨量が不足していて骨の移植や再生を行う際、患者様の血液中に含まれる濃縮血小板を取り出す特殊な遠心分離機も導入しています。
 CTによる分析
インプラント治療を適切に行うためには顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで、治療前に当院でCTを撮影していただき、コンピュータシステム(Simplant)を使用して顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。
CT撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さが分かるだけでなく、あごの病気や神経の位置なども調べることができます。また、3D画像で、インプラントの埋入シミュレーションもできます。右図のような画面を見ながら、歯科医がどこに何本インプラントを埋めるのか、治療方法を分かりやすく説明いたします。
 GBR(Guided Bone Regenerationの略で、骨誘導再生法といいます)
歯槽骨は歯を支えるための骨です。歯がなくなると、退化していきます。こうした理由で不足した骨を専用の膜を使用することで、一度失われた骨の再生が可能になります。
 サイナスリフト
上顎骨は下顎骨に比べて骨吸収(骨が痩せること)の量が多くなりがちで、インプラントを埋め込むには骨量が充分でないケースが多く見られます。
上顎の骨の中には上顎洞という大きな空洞があり、歯がなくなることにより歯槽骨が痩せて、上顎洞が拡大していきます。そこで、上顎洞に骨補填材などを挿入して薄くなった上顎洞の底の部分を押し上げ骨を増大する技術をサイナスリフトと言います。そうすることにより、埋め込んだインプラントがしっかり安定します。
 痛みの心配な方や不安に感じる方には・・・ 
麻酔医による静脈内鎮静法を行います。全身麻酔ではありませんが、リラックスしてうたた寝をしているような状態で手術を受けることができます。また、治療中の血圧や心拍数を安定させることもできます。当医院では、インプラント手術の際、希望された場合に歯科麻酔医の立会いのもとで行います。

内科、外科等のかかりつけの医師との連携でより安全に手術を受けていただくことができます。

Copyright © Nakahira Dental Office.All rights reserved.