ホーム
医院紹介

医院について

医院の取り組み

理事長紹介

院内設備

医院活動

診療案内

インプラントについて

審美治療について

虫歯治療

歯周病治療

矯正治療

Q&A
料金表
資料請求

 歯周病治療

歯周病になるまで

歯周病になるまで1
歯周病とは、歯ではなく歯の周りの組織が何らかの病的要因によって侵され、破壊されていく状態をいいます。
歯周病になるまで2
最も主な原因は、歯垢(プラーク)です。ていねいな歯磨きでもわずかな磨き残しから歯周病菌が増殖し炎症を起こします。これが歯肉炎です。歯肉炎は痛みを伴わないまま進行していきます。気づいたときには歯が抜け落ちる寸前まで進行してしまった、という人も少なくありません。やがて歯肉は赤く腫れてブヨブヨしてきます。さらに歯周組織から膿が出るようになります。これが歯槽膿漏と呼ばれる段階です。ついには歯を支えている歯槽骨が溶けて(吸収され)、歯が抜け落ちてしまいます。

現在、日本人の実に9割の人が軽度、重度を問わず歯周病にかかっているといわれます。まずは歯科で歯周検査を受けることをお薦めします。

治療について

治療方法は、歯周病の進行状態や患者様の生活習慣などによって変わって来ます。

まずは通常の歯磨きでは取れない歯石を除き、薬を塗布します。さらに重度の歯周病の場合は、歯を抜かなければいけない場合もあります。自分の歯を残したい、と思っても、そのために周りの歯や骨までも失うという最悪の結果になる場合もあります。治療法については、医師と相談する必要があるでしょう。

歯を抜くことになった場合には、その後のケアまで、歯科医と十分に話し合いましょう。抜いたままにしておくと、周りの歯は倒れるようにずれてきて、噛み合わせが悪くなります。また、噛み合う刺激のなくなった骨はどんどん吸収されていきます。

Copyright © Nakahira Dental Office.All rights reserved.